ハイデラバード(Hyderabad)とは南インドAndhra Pradesh州の州都であり昔から商業の中心地として栄えてきた街です。 人口は約700万人といわれ、名古屋と同じぐらいの規模となります。

ヒンズー教が大多数を占めるインドでは珍しく、街の人口の4割がイスラム教徒であり、
ヒンズー教、イスラム教、シク教、ジャイナ教、仏教とさまざまな宗教を信ずる人々が共存しています。
公用語はテルグ語ですが、ヒンズー語、英語もある程度通じます。(街なかの人やオートの運転手には通じないことがあります) イスラム教徒の人たちは、さらにウルドゥー語を話します。

近年、ハイデラバードはIT企業の進出にともなって大々的な発展を遂げており、南インドのバンガロールに次ぐインド第二のIT都市として
脚光を浴びはじめています。